2017年5月29日「治験君」の利用実績が100プロトコル超に~のべ850人超の医師が参加、累計の症例登録数は3,500症例を突破~

エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:谷村 格 URL:https://corporate.m3.com/ 以下、エムスリー)は、「治験君」利用実績が100プロトコルを超えたことをお知らせいたします。これまでにのべ850人超の医師にm3.comを通じて臨床試験に協力・参加いただき、累計症例登録数も3,500症例を突破いたしました。

エムスリーでは2011年5月から「治験君」の提供を開始し、臨床試験におけるプラニング、施設選定の支援に取り組んでまいりました。製薬メーカー41社から受注し、半数以上の製薬メーカーからリピートのご依頼をいただいている他、機器メーカーや食品会社等からもご依頼いただいており、治験に加えて各種臨床研究の効率化にも寄与しております。 更に、エムスリーは2017年2月に「治験君」サービスをリニューアルした「治験君+(プラス)」により、専門医のアドバイスに基づき治験成功確度の向上を実現する各治験の特徴に合致した施設、医師に絞ったアプローチによる施設発掘を開始しております。(プレスリリースURL:https://corporate.m3.com/pressrelease/2017/20170222001260.html

■「治験君」の特徴

<広範なカバレッジ>
 国内医師の8割、25万人の会員医師をカバーするm3.comを通じた調査により、通常リーチできない施設/医師の発掘や、症例が集め難い試験に関しても対応可能です

<圧倒的なスピード>
 幅広い施設を開拓し、加えて参加意欲の高い施設や医師を選定することにより、従来に比べて圧倒的なスピードで試験を遂行することが可能です

■「治験君+(プラス)」で追加された特徴

<個々の治験にこだわったスクリーニング>
 施設における対象疾患の治療スキルや施設/担当医師の治療方針を把握、施設選定の際に掘り下げた調査をおこなうことで、治験成功確度の向上が期待されます

<M3 RBM Solutionと併用>
 今後、増えていくRBMと併用したサービスを提供する事により、更なる、効果的・効率的な治験のモニタリングを提案していきます

■「治験君」、「治験君+(プラス)」の事例

<試験期間短縮によるコスト削減事例>
 生活習慣病患者を対象とした治験において、試験当初から治験君を活用した施設選定により症例集積性の高い施設を選定したことで、症例登録期間を39%短縮、試験費用の大幅な削減および上市タイミング前倒しによる売上増・競合優位性を確立した。

<On-going試験のレスキュー事例>
 希少疾患患者を対象とした治験において、試験途中から治験君を活用し追加で症例集積性の高い施設を立ち上げたことで、目標症例登録数を達成、試験延長期間の最小化を実現。治験君を通じて試験に参加した施設では、他の施設の2倍超の症例登録を実現した。

<ワンストップでの施設選定事例>
 生活習慣病患者を対象とした臨床研究において、プラニング時から治験君を活用し監修医、研究参加医師の選定をおこない、成功裏に研究を完了。全ての研究参加医師がm3.comを通じて当該研究に参加し、IT活用によるスピードアップ、コスト削減も実現した。

■受注実績(診療科内訳N=103プロトコル)

20170529_02.png

今後もエムスリーは、エムスリーグループ一丸となって、
1)インターネットとCRO、SMOの連携
2)DTC総合医療メディアによる被験者募集
3)その他人工知能、オンコロジーOne Stopサービス
等を通じエビデンス構築における飛躍的な効率化を目指し取り組んでまいります。

プレスリリース

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年