2017年2月22日「治験君」サービスのリニューアル ~治験成功確度の向上に寄与する施設発掘を可能にする「治験君+(プラス)」を開始~

 エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:谷村 格 URL:http://corporate.m3.com/ 以下、エムスリー)は、m3.comを通じて治験に参加する施設・対象患者を発掘する治験支援サービス「治験君」において、「治験君+(プラス)」のサービスをご利用いただくことが可能になりました。
 「治験君」は、2011年度からサービス提供を開始し、既に90プロトコルを超える臨床試験の施設選定支援に取り組んで参りました。登録期間(終盤)の進捗不振時にレスキューとして「治験君」を活用するだけでなく、開始初期から症例登録期間の短縮を目的として活用する事例が増加しております。中には、1年以上の期間短縮を実現した国際共同治験の事例もあります。
 一方、症例登録のスピードアップだけでなく、治験の成功確度を高めるためには、それぞれの治験の特徴を見極め、特徴に合致した施設、医師とタッグを組んで治験を実施することが重要です。
 今回サービス提供を開始しました「治験君+(プラス)」は、エムスリーがネットワークを有する専門医のアドバイスに基づいて治験成功に必要な対象疾患の治療アプローチ、施設要件を設定することにより、各治験の特徴に合致した施設、医師に絞ったアプローチを可能にいたします。

【「治験君」の特徴】
1. 広範なカバレッジ
 国内医師の8割、25万人の会員医師をカバーするm3.comを通じて調査することにより、SMO調査だけではリーチできない施設/医師の発掘や、症例が集め難い治験に関しても対応することが可能です
2. 圧倒的なスピード
 幅広い施設を開拓し、加えて参加意欲の高い施設や医師を選定することにより、従来に比べて圧倒的なスピードで治験を遂行することが可能です

【「治験君+(プラス)」で追加される特徴】
3. 個々の治験にこだわったスクリーニング
 施設や担当医師の対象疾患の治療アプローチを把握した上で、治験参加施設や医師を選定します。例えば、注射等手技の巧拙が有効性に影響を与える可能性がある試験においては、豊富な治療実績を有する医師を選定することが可能です。
 各治験における治験に参加する施設/医師の選定の深さを掘り下げることで、治験成功確度の向上が期待されます
4. M3 RBM Solutionとの併用
 今後、増えていくRBM(※)と「治験君+(プラス)」を併用したサービスを提供する事により、更なる、効果的・効率的な治験のモニタリングを提案していきます

20170222_02.jpg

※ RBM(Risk Based Monitoring)とは、モニター業務を効率化しながらリスクに基づく品質マネジメントを行う手法です。エムスリーグループでは、M3 RBM Solutionという名称でサービスを提供しています。

 一部トライアルで「治験君+(プラス)」をご活用いただいた企業様からは、「エムスリーの高い調査力がなければ不可能なアプローチ」、「成功確度を高める上で施設・医師の選定は極めて重要。効率よく施設・医師の特徴を把握でき有り難い」といった高い評価をいただいてございます。

 エムスリーは今後も国内外において、インターネットとCRO、SMOを連携させたこれまでにない高付加価値なサービス提供を通じ、高品質・高効率な医薬品開発の実現に向けて、さらなる貢献を目指して参ります。

プレスリリース

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年