2020年6月1日医用画像診断支援AIプラットフォームにて、エルピクセル社EIRL aneurysmのサービス提供開始

エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、URL:https://corporate.m3.com/)、以下「エムスリー」)は、株式会社NOBORI(本社:東京都港区、代表取締役社長:依田 佳久、以下「NOBORI」)と手掛ける医用画像診断支援AIプラットフォーム事業において、エルピクセル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島原 佑基、以下「エルピクセル」)と業務提携を行うことに合意しました。本提携によりエルピクセルが開発、提供する深層学習を用いた医用画像解析ソフトウェアEIRL aneurysmをエムスリーとNOBORIが提供する医用画像診断支援AIプラットフォームの第1号のサービスとして提供開始します。

1.EIRL aneurysmの概要
医用画像解析ソフトウェアEIRL aneurysmは、脳MRI画像から「脳動脈瘤」の疑いがある部分を自動で検出し、医師の診断支援を行うソフトウェアです。疾患部位を陽性と正しく判定する指標である「感度」において、医師単独で読影した場合の感度68.2 %に対し、本ソフトウェアを用いて読影した場合は感度77.2 %と診断精度の向上が認められ、深層学習を活用した脳MRI分野のプログラム医療機器として、日本国内で初めての薬事承認を取得いたしました。最終的な診断は医師が行いますが、本ソフトウェアを用いることで、医師の負荷を減らし、見逃しを防ぐなど、効率的で正確な診断ができる環境の提供を目指します。

2.利用イメージ
今回、医用画像診断支援AIプラットフォーム上でEIRL aneurysmを提供開始することによりエムスリーエッジサーバー(※)を通じて簡単に脳MRI画像の診断支援サービスをご利用いただけます。今回の業務提携を通じて、エルピクセルとの連携を一層強化しながら、診療現場でのEIRL aneurysmの活用を促進し、診療に向き合う医師や患者の安心・安全への支援、そして効率的な医療の実現に貢献できるよう努めてまいります。

※NOBORI Cube導入施設でも同様にご利用いただけます。

20200601_lpixel.png

■エルピクセル株式会社について
エルピクセル株式会社は、ライフサイエンス領域の画像解析に強みを持つ東京大学発のベンチャー企業です。医療・製薬・農業などのライフサイエンス領域に対して画像解析技術とりわけ人工知能技術を応用することで、高精度のソフトウェアを開発してきました。現在、東京大学や国立がん研究センターをはじめ複数の医療機関と連携し、人工知能を活用した医療画像診断支援技術EIRL(エイル)の研究開発を進めています。
エルピクセル株式会社の詳細情報はhttps://lpixel.net/をご覧ください。

■株式会社NOBORIについて
日本の医療クラウドサービスを牽引する企業で、1,000施設へのクラウドPACSと、700施設への遠隔画像診断用ITシステムのサービス提供を行っています。クラウドPACS市場では日本最大数の顧客、データ量を取り扱っており、これらの技術力を活かし、提携医療機関での医用画像、検査結果、お薬といった医療情報を、スマートフォンでいつでも参照できるPHRサービスもてがけています。医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会の集合知へと高めるためのITクラウドシステムを活用してAIプラットフォーム事業に取り組みます。
株式会社NOBORIの詳細情報はhttp://www.nobori.ltd/をご覧ください。
*2020年3月末時点

プレスリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年