2020年5月20日COVID-19遠隔読影と画像診断支援AIシステムを全国100の医療機関に期間限定で無償提供

エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、URL:https://corporate.m3.com/)、 以下、「エムスリー」)は、株式会社NOBORI(本社:東京都港区、代表取締役社長:依田 佳久、以下「NOBORI」)と共同して、COVID-19疑いのCT画像を判定する遠隔読影と画像診断支援AIのシステムを全国100の医療機関に4カ月無償提供いたします。

1.背景
2020年3月31日から聖マリアンナ医科大学の救急医学ならびに放射線医学部門の医師団の支援により、COVID-19判定に関する遠隔画像診断コンサルテーションサービスの無償提供を実施して参りました。このサービスは、5月20日本日時点で全国220の医療機関様において有用にご活用頂いております。しかし、ご利用に際し、対象画像データの専用Webページでのアップロードの手間や、サービス利用がインターネット接続PC端末に限定され、より簡便なサービスへのご要望を頂いておりました。COVID-19の終息時期がまだ見えない中で、医療現場の方々のご負担を少しでも軽減できればという想いのもと、本取組みを実施することに至りました。
COVID-19の診断においては、PCR検査をはじめ、臨床症状や経過、様々な検査データとともに、画像所見も重要な意義を持つと考えられます。PCR検査の結果が出るまでの患者様への対応方針の決定、また、PCR検査に進めるかどうかの判断をする上で、本支援を有効活用頂ければと考えています。

2.本取組の概要
弊社が提供するエムスリーエッジサーバーを院内PACSに接続し、COVID-19の読影判定を依頼したい検査を選択することで、遠隔読影医の判定結果を受け取ることが出来ます。エッジサーバーが匿名化および検査送受信を行いますので、スムーズに遠隔読影依頼ができます。同時にエムスリーAIラボにて提供しているAIを利用した画像診断支援ソフトウェアも当該期間、無償で利用可能です。少しでもお役に立てればと考えております。尚、この無償提供はソニー株式会社の「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」を通じた資金面での支援も頂いて運営を行っています。

本取組みでは、全国から100施設の医療機関を対象とし、4カ月間の無償支援をいたします。対象施設は公募制で募ります。本取組みのご利用を希望される医療機関は下記URLの応募ページよりお申込み下さい。お申込みの頂いた施設に詳細のご案内をさせて頂きます。

■エントリー応募ページURL
https://m3comlp.m3.com/lp/m3com/covid19_dokuei
尚、お申込みにはエムスリーが運営するm3.com会員資格が必須になります。会員登録をされていない方は、ご登録後の申請をお願い致します。

20200520_NOBORI_01.png

■協働パートナー
株式会社NOBORIについて
日本の医療クラウドサービスを牽引する企業で、1,000施設へのクラウドPACSと、700施設への遠隔画像診断用ITシステムのサービス提供を行っています。クラウドPACS市場では日本最大数の顧客、データ量を取り扱っており、これらの技術力を活かし、提携医療機関での医用画像、検査結果、お薬といった医療情報を、スマートフォンでいつでも参照できるPHRサービスもてがけています。医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会の集合知へと高めるためのITクラウドシステムを活用してAIプラットフォーム事業に取り組みます。
株式会社NOBORIの詳細情報はhttp://www.nobori.ltd/をご覧ください。
*2020年3月末時点

プレスリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年