2020年5月7日エムスリー、医用画像診断支援AIプラットフォーム事業を開始 ~ 株式会社NOBORIと事業提携契約を締結 ~

エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、URL:https://corporate.m3.com/)、 以下、「エムスリー」)は、株式会社NOBORI(本社:東京都港区、代表取締役社長:依田 佳久、以下「NOBORI」)と医用画像診断支援AI事業において事業提携契約を締結いたしました。両社にて医用画像診断支援AIプラットフォーム事業を推進して参ります。

1.背景
近年、日本国内では保健医療分野においてAI開発を進めるべき重点領域の一つとして、画像診断支援を挙げており、医療機器承認審査に当たっての評価指標の策定や評価体制の整備も実施して、AIを活用した医療機器の開発が進むことが予想されます。エムスリーは、2017年からAIラボにて画像診断を含めたAI医療機器の開発支援など先端医療分野での事業支援を実施して参りました。この度、AIの診療現場への流通を加速させることを目的として日本の医療クラウドサービスを牽引するNOBORIとパートナーシップを締結し、プラットフォーム事業を開始します。

2.本取組の概要
多様な画像診断支援AIアルゴリズムを両社で構築したAIプラットフォームに搭載し、医療機関の様々なPACS(医療用画像管理システム)やモダリティの制約を受けることなく提供します。また、AIアルゴリズムは部位(頭部、肺など)ごとに複数ラインナップを予定しており、医師は用途に応じて使用したいAIを複数選択可能となります。今回の事業提携を通じて、エムスリーの"世界中で築いてきた医師とのネットワーク"とNOBORIの"セキュアなITプラットフォーム"を組み合わせることで、テクノロジーを活かし、診療に向き合う医師への安心・安全の支援、そして効率的な医療の実現に貢献できるよう努めて参ります。

20200501_AI01.png

3.利用イメージ
世界中のどんな医療用画像診断支援AIアルゴリズムでも、エムスリーのエッジサーバーを置くことで、PACS(医療用画像管理システム)などの院内システムやモダリティを問わずに、利用できる仕組みをプラットフォームとして提供します。

20200501_AI02.png

株式会社NOBORIについて
日本の医療クラウドサービスを牽引する企業で、1,000施設へのクラウドPACSと、700施設への遠隔画像診断用ITシステムのサービス提供を行っています。日本最大数の顧客、データ量を取り扱っており、これらの技術力を活かし、提携医療機関での医用画像、検査結果、お薬といった医療情報を、スマートフォンでいつでも参照できるPHRサービスもてがけています。医療情報をクラウド環境に安全に保管・共有・活用し、社会の集合知へと高めるためのITクラウドシステムを活用してAIプラットフォーム事業に取り組みます。
株式会社NOBORIの詳細情報はhttp://www.nobori.ltd/をご覧ください。
*2020年3月末時点

プレスリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年