2020年4月1日オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」、 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、無償提供期間の大幅延長を決定 ~3月における医師への相談リクエスト数は、さらに増加。医療機関の往訪による感染拡大のリスク軽減やクラスター発生の対策としての活用を推奨~

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)と、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格)の共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:室山 真一郎)は、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」において、LINE上からチャット形式で医師に相談できる『いますぐ相談』と、テキストメッセージで詳しく医師に相談できる『あとから回答』の2種類のオンライン健康相談を、4月以降も無償提供することとなりましたので、お知らせいたします。
※ 相談は、「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施。

昨今、国内外の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、各省庁、地方自治体、企業などが様々な対策やサポートを行っております。当社においても、厚生労働省や経済産業省などと連携し、実際に感染の疑いのある方や健康に不安にある方がスムーズかつ安全に医師に相談できるような環境を提供しており、3月における医師への相談リクエスト数は月末にかけて、さらに増加しております。

3月に実施した日本全国の15歳~59歳の男女を対象にしたアンケート調査*1では、「オンラインで医師へ健康相談が出来るサービスを知っている/聞いたことはありますか?」という問いに対して34.2%が「はい」と回答、認知者が3割を超えるなど、オンライン健康相談に関する意識が高まりつつあります。

このような状況を踏まえ、「LINEヘルスケア」では、より多くの方が自宅からコロナウイルスをはじめとする健康に関する不安を解消できるよう、4月以降もオンライン健康相談を無償提供することを決定いたしました。

全国各地の地方自治体LINE公式アカウントとも積極的に連携を開始しており、不要不急の外出自粛や移動の制限が高まる状況の中、医療機関の往訪等による感染拡大のリスク軽減やクラスター発生の対策として、ご活用いただきたいと思っております。

LHC_graph.png

新型コロナウイルス感染症に関するLINEヘルスケアの活動
■「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントとの連携
LINE社が、厚生労働省の要請を受け開設した新型コロナウイルスに関する情報を提供するLINE公式アカウント「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」と連携。実際に感染の疑いのある方などがすぐに医師に相談できるよう、LINE公式アカウント上に「スマホでお医者さん相談」の項目を設け、「LINEヘルスケア」でのオンライン相談を無料で提供。
(2020年2月10日〜)

■経済産業省が開設する「健康相談窓口」の支援事業としてオンライン健康相談を無償提供
経済産業省が実施する「健康相談窓口」の支援事業に採択され、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」を相談者に対して無償で提供。新型コロナウイルス感染症の特徴を踏まえ、感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことを避けていただくサポートを実施。
(2020年3月11日〜2020年3月31日)

【LINEヘルスケア 概要】
アクセス方法 :LINEアプリを起動し、上部にある検索窓で【LINEヘルスケア】と検索
対応診療科  :内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科
対応時間   :24時間365日
相談方法・料金:*いますぐ相談する(無料) ※無料期間の終了日は未定。
        *あとから回答をもらう(無料) ※無料期間の終了日は未定。

※「いますぐ相談する」については、時間や医師の状況により、すぐに医師とマッチングできない場合がございます。
※「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施いたします。

*1:アンケート調査概要
調査主体:LINEヘルスケア株式会社
調査手法:LINEリサーチ プラットフォーム利用の調査
調査対象者:日本全国の15歳~59歳の男女
有効回答数:1054
調査時期:2020年3月25日~26日

プレスリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年