2020年3月11日LINEヘルスケア、経済産業省開設の「健康相談窓口」の支援事業に採択 ~オンライン健康相談の無償提供に加え、対応医師を1,000名規模に拡充予定~

外出を控えなければいけない環境の中でも、新型コロナウイルスに関する不安や
健康に関する悩みをオンライン健康相談で解決


LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)と、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格)の共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:室山 真一郎)は、健康不安を抱える国民が遠隔で効率的に医療者に相談できる経済産業省開設の相談窓口(以下、「健康相談窓口」)の支援事業の一つに採択され、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア(β版)」を無償で提供することとなりましたので、お知らせいたします。
※ 相談は、「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施。

新型コロナウイルス感染症拡大の懸念等から健康不安に関して医師に相談したいというニーズが増加する一方、不用意に医療機関を受診し、感染しやすい環境に行くリスクを避けていただくこと、また、必要な人に適切な治療がいきわたるよう医療機関の負担を軽減する対策が求められています。これを受け、内閣・新型コロナウイルス感染症対策本部により「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」が発出されました。

こうした状況の中、LINEヘルスケア株式会社は健康相談窓口の支援事業の一つに採択され、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア(β版)」を相談者に対して無償で提供することとなりました。

これにより、国内利用者数8,300万人を超える「LINE」アプリから、新型コロナウイルス感染症に関する不安や健康に関する悩みを医師に直接相談することができます。オンライン健康相談が可能な診療科は、内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科となっており、外出を控えなければいけない環境の中でも、自宅から気軽に相談することが可能です。

また、日本の臨床医の約9割にあたる28万人以上の医師会員と、日本の薬剤師の半数超にあたる16万人以上の薬剤師会員のデータベースを持つエムスリー株式会社とも協力し、オンライン健康相談に対応する医師を1,000名規模まで積極的に拡充してまいります。

【健康相談窓口支援事業(LINEヘルスケア(β版))概要】

  • アクセス方法:「LINEアプリ」を起動し、上部にある検索窓で「LINEヘルスケア」と検索
  • 設置期間 :2020年3月11日(水)〜3月31日(火)まで
  • 提供時間 :24時間(土日を含む)
  • 対応診療科:内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科
    ※新型コロナウイルス感染症が疑われる相談については、厚生労働省健康局結核感染症課2020年2月17日付事務連絡「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について」に従い、厚生労働省の「帰国者・接触者相談センター」を紹介することとする。
  • 相談方法 :以下の2種類のオンライン健康相談が可能
    - チャット形式で医師に相談できる『いますぐ相談』 ※予約も可能
    - テキストメッセージで詳しく医師に相談できる『あとから回答』
    ※「いますぐ相談」については、時間や医師の状況により、すぐに医師とマッチングできない場合がございます。
プレスリリース

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年