2018年2月6日NVIDIAとエムスリー、医療×人工知能(AI)分野のプロジェクトを支援する 共同の包括的プログラム"Medical×AI Inception プログラム"開始

エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:谷村 格 (URL:https://corporate.m3.com/) 以下、エムスリー)は、NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ URL : http://www.nvidia.co.jp/  Nasdaq:NVDA)と共同で医療×人工知能(AI)分野のプロジェクトを支援する包括的なプログラム、"Medical×AI Inception プログラム"を開始したことをお知らせします。

1.背景
 エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、国内25 万人以上の医師会員に対し医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供しています。また、日本のみならず米国、英国、フランス、中国、韓国、インドなど海外への事業展開を積極的に進めており、全世界で400 万人以上の医師会員・調査パネルを有し、そのメディア力を活かした製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービス等を展開しています。
 現在、新たな取り組みとして「先端医療戦略」を展開していますが、2017年4月にはM3 AIラボを発足し、画像診断を含めたAI医療機器の開発支援など先端医療分野での事業拡大を推進しています。
 NVIDIAは、コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発する世界的なリーディングカンパニーです。近年は GPUの技術を活かしてAIコンピューティングの分野で様々なプラットフォームを提供しAIの爆破的な進化を支えています。
 このたび、エムスリーとNVIDIAでは、医療分野において、臨床の課題に対してAIを活用して解決しようと試みる医師・医療機関、および医療領域においてAIを用いて革新的な取り組みを行う新興企業を対象に、プロジェクトを力強く推進し、臨床現場に短期間で画期的な製品やサービスが提供されるよう、支援を提供していきます。本プログラムでは、次の各支援を用意しています。

  1. 資金支援:対象となったプロジェクトまたは企業はエムスリーのベンチャー投資の実績(累計20件以上)を活用した、ニーズに応じた資金面での支援を受ける可能性があります。
  2. ミートアップの場の提供:臨床での課題を捉えた製品・サービスのアイデアを持つ医師・医療機関と、AI開発技術を持つ企業が対面できるミートアップの場を提供します。
  3. GPUの活用支援:対象となったプロジェクトまたは企業は、NVIDIA Inceptionプログラムに基づきGPU環境の割引購入サービスや最新技術情報を活用することができます。
  4. M3AIラボの各サービスの提供:対象となったプロジェクトまたは企業は、その他、以下のM3AIラボの各サービスを優遇価格にて提供します。
     - 医療ビッグデータの収集と教師データ作成支援
     - 臨床試験・製造販売承認申請支援
     - 製品マーケティング支援
     - プログラム・企業のPR支援

20180206_01.png

<第3の成長レバー:先端医療戦略>
 エムスリーでは先端医療分野への取り組みを「インターネットサービス」、「e×リアルオペレーション」に続く第3の成長レバーと位置づけています。本取組により、エムスリーは、第3の成長レバーのAI領域での事業展開を加速させます。

20180206_02.png

2.シナジー効果
 想定されるシナジー効果には以下のようなものがあります。

(1) 事業投資のリーチ拡大
 エムスリーグループは、これまで医療分野の成長企業への投資を行ってきました。今回のプログラムを通じてAI関連分野の成長企業へのリーチを拡大することが想定されます。
(2) 臨床開発の支援
 エムスリーグループは、治験君をはじめ、インターネットを介した臨床試験のサービス基盤を有しております。投資先の今後の臨床試験において、患者リクルーティングの加速化などを積極的に支援する予定です。
(3) 医師へのマーケティング支援
 エムスリーグループは、全世界で400 万人以上の医師会員を有しております。そのメディア力を活かし、AI医療機器の発売後、医師向けマーケティングを積極的に支援する予定です。
(4) 海外展開の支援
 これまでの事業開発支援の経験を活かし、臨床試験やライセンス供与におけるグローバル製薬会社との交渉などを、積極的に支援する予定です。

20180206_03.png

プレスリリース

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年