2013年11月19日中国での合弁事業を開始~エムスリープラットフォームに参加する医師数は全世界で250万人を突破~

 エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:谷村 格 URL:http://corporate.m3.com、以下エムスリー)は、北京金葉天盛科技有限公司(本社:北京市 代表者:田 立平、以下「天盛」)との合弁会社を設立し、中華人民共和国(以下、中国)におけるインターネットを活用した医療関連サービスの展開を開始しました。また、中国での事業の開始により、エムスリーが世界中で運営する医師プラットフォームに参加する医師の数は合計250万人を突破しました。

 平成25年3月27日にお知らせしていましたように、エムスリーは天盛と、中国におけるインターネットを活用した医療関連サービスの展開を目的に、合弁事業を開始することを合意していましたが、このたび一連の手続きが完了し、中国での事業を平成25年11月18日より、開始いたしました。

 合弁会社が中国において運営する医療従事者向け専門サイトに登録する医師会員数は、プロモーション活動等の結果、この半年で30万人以上増加して約75万人となっており、中国における医師200万人の1/3以上を既にカバーします。また、既に製薬会社等への提案活動を行っており、来年前半の中国版「MR君」サービス開始に向けて準備中です。中国における医師の数は日本の6倍以上でありながら、MRの数は8~10万人と日本より若干多い程度で、今後中国においてインターネットを用いたプロモーションのニーズが高まると想定しています。

 また、今回の合弁事業の開始により、エムスリーが世界中で運営する医師プラットフォームに参加する医師の数は合計250万人を突破しました。この医師数は過去1年で倍増しており、エムスリーでは、今後もこの拡大したプラットフォームを活用した各種サービスを展開し、グローバル事業の拡大につとめてまいります。

 なお、本件が当社の業績に与える影響は現時点で軽微なものと見込んでいますが、今後の業績に重大な影響を与えることが判明した場合には、速やかにお知らせいたします。

【エムスリーが運営する医師プラットフォームに参加する医師数の推移】

20131119_01.PNG

プレスリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年