2013年11月18日米国最大の医薬品レファレンスサービスのPDR社と戦略提携~米国における医師へのリーチは一気に倍増し、80%のカバー率~

 エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:谷村 格 URL:http://corporate.m3.com、以下エムスリー)は、米国最大の薬品レファレンスサービスを提供するPDR社 (本社:米国URL:http://www.pdrnetwork.com)と戦略提携を実施します。この提携により、エムスリーが米国においてリーチできる医師の数は倍増し、60万人近い数となり、米国医師の80%程度をカバーすることになります。

 エムスリーは、米国において、約24万人の米国医師が登録する医療従事者向け専門サイト「MDLinx」(URL:http://www.mdlinx.com)を運営し、製薬会社向けのマーケティング支援サービスや調査サービスを提供しています。 PDR社は、米国において、運営サイト「PDR.net®」(URL:http://www.pdr.net)や電子カルテ等を通じて100万人以上の医療従事者に対して医薬品の安全性情報等を提供する「Physicians' Desk Reference®」等のサービスを提供しており、医薬品レファレンスサービスとしては米国最大規模となります。

 今般、エムスリーとPDR社は戦略的な業務提携を実施し、12月より「PDR Powered by MDLinx」(URL:http://www.mdlinx.pdr.net)を開設します。エムスリーは、このサイトを通じて新たに約33万人の米国医師にリーチすることが可能となり、従来の「MDLinx」の米国医師会員と合計すると、エムスリーがリーチできる米国医師の数は60万人と倍増し(両社の医師会員の重複を排除したユニークベース)、米国医師の80%程度をカバーすることになります。これにより、エムスリーの米国製薬会社に対する訴求力は一段と高まり、「MDLinx」が提供する広告メディアの価値もほぼ倍増する予定です。  エムスリーでは、今後も医師や製薬会社にとって価値あるサービスを拡充し、米国事業の拡大につとめてまいります。

 なお、本件が当社の業績に与える影響は現時点で軽微なものと見込んでいますが、今後の業績に重大な影響を与えることが判明した場合には、速やかにお知らせいたします。

プレスリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年