2012年12月7日ダイキンの空気清浄機における「光速ストリーマ」機能と遠赤外線暖房機「セラムヒート」を「医師の確認済み商品」に認定

 エムスリー株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:谷村 格、以下エムスリー)はダイキン工業株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役会長兼CEO:井上礼之、以下ダイキン)が自社で製造、販売する空気清浄機における「光速ストリーマ」機能、遠赤外線暖房機「セラムヒート」に対して、AskDoctors商品評価サービスにより、「医師の確認済み商品」の認定を付与いたしました。

20121207_01.PNG

20121207_02.PNG

◇医師の85%(光速ストリーマ機能)、94%(セラムヒート)が自ら使ってみたいと回答

 エムスリーは、商品評価をダイキンから受託し、会員医師に対する調査を実施しました。その調査の結果、空気清浄機における「光速ストリーマ」機能に対しては内科、皮膚科、耳鼻咽喉科の医師合計200名のうち85%が「自ら使ってみたい」、77%が「周囲の人に勧めたい」と回答し、また、遠赤外線暖房機「セラムヒート」に対しては皮膚科、整形外科の医師合計100名のうち94%が「自ら使ってみたい」、82%が「周囲の人に勧めたい」と回答しました。一定基準を満たす高い評価を受けたことにより、「AskDoctors 医師の確認済み商品」の認定を決定いたしました。

◇空気清浄機における「光速ストリーマ」機能とは

 プラズマ放電の一種である「ストリーマ放電」から発生する高速電子は、空気中の酸素や窒素と合体することで、強力な酸化分解力を持った活性種に変化し、カビやダニ(フン・死骸)、花粉などのアレル物質やホルムアルデヒドなどの有害化学物質を除去します。
 一般的なプラズマ放電(グロー放電)と比べて、同じ電力を投入したときの酸化分解速度は1000倍以上。その分解力はおよそ100,000℃※の熱エネルギーに匹敵します。
(※酸化分解力による比較。実際に高温になるわけではありません。)

◇遠赤外線暖房機「セラムヒート」とは

 セラムヒートは、直進性が高く、ひとに吸収されやすい遠赤外線を使って、部屋の広さに関係なく、必要なところだけを暖めるスポット暖房機。遠赤外線には、からだを分子レベルで振るわせて発熱させる力があり、からだの芯から暖めることができます。また、遠赤外線の中でも、からだの波長に近い3~20ミクロンの遠赤外線を照射。ぬくもりがからだの内側までしっかり届きます。

◇AskDoctors評価サービスについて

 エムスリーは、約23万人の医師会員を有する日本最大級の医療従事者向け専門サイト「m3.com」を運営しており、一般生活者向けには医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors(アスクドクターズ)」を提供しています。「AskDoctors評価サービス」とは、エムスリーによる、多くの医師の意見を取り入れた商品の評価を行うサービスで、一定基準を満たした商品には認証が与えられます。

 ダイキンから受託の上実施した本調査の結果を受け、空気清浄機における「光速ストリーマ」機能、遠赤外線暖房機「セラムヒート」に対し、エムスリーは「AskDoctors 医師の確認済み商品」のロゴマークを付与することとなります。

情報発信サイト:AskDoctors総研 http://www.askdoctors.jp/labs/

プレスリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年