2011年12月20日株式会社フジ・シー・アール・エスとエムスリー株式会社が資本・業務提携 ~西日本地域におけるSMOサービスを共同展開~

 株式会社フジ・シー・アール・エス(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:藤本 勝 URL:http://www.fuji-crs.co.jp/ 以下:フジ・シー・アール・エス)および、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格 URL:http://corporate.m3.com/ 以下:エムスリー )は、この度、西日本地域におけるSMOサービスの共同展開に向け、資本・業務提携に合意した事を発表します。

 フジ・シー・アール・エスは、近畿・中国地域における地域密着型のSMO(※)であり、地域の有力病院を含む約200の医療機関と提携し、生活習慣病はもちろんのこと中枢神経系、整形外科系、小児科系等幅広い領域で治験支援を行うと共に、広島県医師会治験ネットワーク、兵庫県医師会治験ネットワーク、福山治験ネットワーク等の大規模治験ネットワークの支援も行い、地域に密着した治験支援活動を行っております。また、国内売上高トップ10社の国内外の製薬企業の内、7社と過去3年間以上に亘り継続的な取引を行っており、地域に密着した高品質なサービスを提供しています。

※SMO(Site Management Organization)は治験実施施設(医療機関)と契約し、GCP(医薬品の臨床試験の実施基準)に基づき適正で円滑な治験が実施できるよう、医療機関において治験業務を支援する組織

 エムスリーは、約21万人の医師会員を有する医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、連結子会社のメビックス株式会社と共同で、「m3.com」を通じて治験に参加する医療機関・被験者を募集する治験支援サービス「治験君」を提供しています。また、2011年9月1日からは、連結子会社で首都圏に特化したSMOである株式会社メディカル・パイロットと共同で、「治験君」を活用した付加価値の高いSMO事業を推進しています。

 この度、フジ・シー・アール・エスとエムスリーは西日本地域におけるSMOサービスの共同展開のため、資本・業務提携を行うことについて合意致しました。本資本・業務提携により、フジ・シー・アール・エスとエムスリーグループとの強固な協業体制の構築を見込んでおり、「治験君」を中心に、ネットを活用した新たなSMOサービスの事業展開を加速化します。

【資本提携の概要】

1.スキーム
 エムスリーはフジ・シー・アール・エスの既存株主から同社の発行済株式を100%譲り受けます。

2.日程
 株式譲渡契約締結:2011年12月20日
 株式譲渡(予定):2011年12月22日

【業務提携の概要】

1.クライアントの相互紹介
 フジ・シー・アール・エスとエムスリーグループでクライアントの相互紹介を進め、事業基盤の拡大と更なるクライアントとの関係強化を行います。

2.提携医療機関の拡大
 「m3.com」を通じて、約21万人の医師会員から、被験者候補を抱え治験参加意欲の高い医師をネットワーク化することで、フジ・シー・アール・エスの提携医療機関を拡大します。これにより被験者の迅速かつ効率的な確保を進め、他社と差別化したSMO事業を推進します。

3.ノウハウの共有
 フジ・シー・アール・エスがこれまで蓄積してきたSMO業務のノウハウを共有し、より質の高いサービスの提供に努めます。

プレスリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年