2011年11月9日エムスリーと博報堂、医師の意見を活用した商品開発・評価サービスを企業向けに提供開始 ~エムスリー会員医師の専門知識や意見を商品開発・評価に活用。『AskDoctors商品開発支援サービス』・『AskDoctors評価サービス』~

 エムスリー株式会社(代表取締役:谷村格、所在地:東京都港区芝大門2-5-5)と、株式会社博報堂(代表取締役:戸田裕一、所在地:東京都港区赤坂5-3-1)の専門組織「博報堂買物研究所」は、医師の専門知識や意見を企業の商品開発・商品評価に活用する2つのサービス「AskDoctors商品開発支援サービス」と「AskDoctors評価サービス」を共同で立ち上げ、企業向けに提供を開始しました。

 エムスリーは、約21万人の医師会員を有する日本最大級の医療従事者向け専門サイト「m3.com」を運営しており、一般生活者向けには、医師に相談できるQ&Aサイト「AskDoctors(アスクドクターズ)」を提供しています。 博報堂買物研究所は、生活者の買物行動、買物現場の研究を通じて、新しい商品や買物行動の創出に取り組む実践的シンクタンクです。
 今回提供を開始する2つのサービスは、エムスリーの会員医師から引き出される知見と、博報堂買物研究所の商品開発・コンセプト開発のノウハウを掛け合わせて、企業の商品開発支援や商品評価を行うサービスです。

1、「AskDoctors商品開発支援サービス」
 「m3.com」の会員医師の協力のもと、企業の新商品開発を全面的に支援します。このサービスにより開発された商品は、商品本体、パッケージ、広告・販促物に認証ロゴマークを使用できます。

2、「AskDoctors評価サービス」
 企業が持つ既存の商品・サービスを「m3.com」の会員医師が客観的に評価。一定の基準を満たしたものに対して認証を付与します。認証ロゴマークは広告・販促物に使用することができます。

 今後、「健康に役立つ」「身体にやさしい」などの健康・美容・身体に関わるコンセプトは、消費者向け商品・サービスにおいて重要度を増していくと考えられます。医薬、医療分野以外の企業においても、当サービスを利用することにより、医師の意見を反映させた商品やサービスを生み出すことが可能になります。

 本サービスは、「生命(=Life)の知見を くらし(=Life)の知恵へ」を事業コンセプトとし、協力者となる医師に対しても、医療を本務としつつも、その専門性と知見が幅広く世の中の商品・サービスに活かされる仕組みとしたいと考えています。
 エムスリーと博報堂は、これからも、生活者によりよい商品を提供する企業を支援するために、新たなビジネスモデルを開発・実践してまいります。

<サービス概要>
■ AskDoctors商品開発支援サービス
 「m3.com」の会員医師の協力のもと、企業の新商品開発を全面的に支援するサービスです。

20111109_01.PNG

 エムスリーが運営する医療従事者向け専門サイト「m3.com」の会員医師から得られる知見と、博報堂買物研究所の持っている商品・コンセプト開発のノウハウを活用し、企業が新コンセプト商品を開発する際の支援を全面的に行います。 本サービスで開発された商品には、商品本体、パッケージ、広告・販促物に、上記の認証ロゴマーク(仮)を使用することができます。

  <想定される開発商品例>
  目に優しいテレビ、電磁波の影響の少ない携帯電話、医師同行旅行企画 など

■AskDoctors評価サービス
 企業が持つ既存の商品・サービスに対する評価・認証サービスです。

20111109_02.PNG

 企業が提供している既存の商品・サービスについて、個別の医師の推薦や評価ではなく、「m3.com」の一定量の会員医師を対象に、当該商品を使用してもらい、使用意向など、より客観的な調査を実施します。結果、医師本人が「使いたい」、「他者に勧めたい」という比率が、一定の基準を満たしたものに対して、認証を与えます。認証が与えられた場合、広告・販促物に、上記の認証ロゴマーク(仮)を使用することができます。

  <想定される認証商品例>
  住宅、家具、寝具、書籍・健康法 など

<商品開発支援サービス」と「評価サービス」の位置づけ>

◆事業モデル

20111109_03.PNG

◆サービスに対する想定ニーズ

20111109_04.PNG

プレスリリース

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年