組織の成長を支える
社員の健康を
私たちM3PSPが
共に支えます

新しい時代に、
新しいサポートを

働き方改革に加え、新型コロナウイルス感染症の流行によって、働く人の意識と働き方に急激かつ劇的な変化がおきています。在宅勤務が増え、企業は従業員の状態を把握しにくくなりました。一方で従業員は家族と過ごす時間が大幅に増え、家族との関わりは、より密接になっています。
新しい生活様式の中では、従業員だけでなく、家族の心身の健康が従業員本人の生産性に与える影響は大きくなります。この変化は加速することはあっても減速することはありません。

M3PSPとは

エムスリーは日本国内の約30万人の医師の約9割、29万人以上の医師会員を有する医療ポータルサイトm3.comを運営し、広く医療を前進させるための情報を提供しています。
M3PSP(エムスリー ペイシェント サポート プログラム)は、この医師会員基盤を利用して、自力ではたどり着けない医療情報を従業員に提供し、適切な医療へと誘導するサービスです。
従業員やその家族のこころとからだの不安を払拭し、貴社の健康経営に貢献する新しい福利厚生サービスです。

M3PSPの特徴

専任スタッフが
あなたをサポート
看護師相談

看護師相談

ペイシェントサポーターが、あなたの悩みを親身にサポートします。ご利用サービスを決める前に、まずはお気軽にご連絡下さい

適切な医療の見極め、
アクセス支援
マルチオピニオン

マルチオピニオン

がん治療や大きな手術などの前に、専任スタッフと専門医があなたの治療方針や手術内容を確認。適切な医療選択のサポートを行います

医師に聞く、あなたに
お勧めの医療機関
ベストドクターセレクション

ベストドクターセレクション

お住まいの地域で、専門医が勧める名医・優れた医療機関を「あなたのためだけ」にレポートします

日本最大級の
医師相談サービス
AscDoctors

AscDoctors

スマートフォンやパソコンから、24時間365日医師に相談できるだけでなく、200万件以上の相談事例もいつでも見られます AskDoctors

健康維持を
継続的に支援
各種セミナー

各種セミナー

従業員の皆様が健康であり続ける為、医療リテラシー向上のための各種講座を提供しています

導入企業

導入企業アンケート

M3PSPは、従業員本人だけでなく家族も利用できるサービスです。実際に導入いただいた企業の従業員の皆様に、M3PSPの利用意向や実際の利用結果、そして本サービスを導入する企業に対しての評価を伺いました。

※導入企業の従業員への調査結果(回答数=2,016)

過去2年を振り返った時に、個人またはご家族の健康でM3PSPがあれば利用したかったとおもいますか?

8割の方が、2年以内に自分又は、家族の病気で悩む機会があった。

M3PSPを利用する事で治療が変化しましたか?

M3PSPセカンドオピニオン取得や病院探しのサービス利用者の医療変化率(治療方針の変更、医療機関の変更)は76.4%であり、約8割の方が自力ではたどり着けなかった適切な医療に到達できる様になった。

※M3PSP利用者のみの回答

M3PSPのような従業員や家族の健康増進に役立つサービスを企業が導入することを評価しますか?

85%の人がM3PSPの導入を評価すると回答。

導入企業
インタビュー

導入企業インタビュー

従業員の不安を少しでも
払拭することは、
経営者としての重要な仕事

株式会社エラン 取締役 峯崎友宏

M3PSPを使おうと思ったきっかけを教えてください

そもそも、あまり父は病気したことがなかったんですね。
ですが、ある時実家に行ったら、父から「胃がんがみつかった」「胃の3分の2を摘出しないといけない」と言われました。
父の友人に胃の3分の2ぐらいを切除した方がいて、元気がなくなるイメージがあったようでショックを受けていました。
インターネットで調べたところ、内視鏡で手術する方法もありそうだったので、セカンドオピニオンを取って判断しなくてはと家族で話していました。
その時に、「あっ、そういえば、会社でそういうサービスに加入していた」と思い出し、電話させていただいたのが最初です。
担当の方が看護師ということもあって、ものすごく相談しやすかったです。
病院で聞けないような事も色々聞けたと父もとても喜んでいました。

M3PSPの調査結果はどうでしたか

思った以上に突っ込んだ書き振りでした。
一番印象に残っているのは、「自分の親だったらこうします」という書き方をされている先生がいて、「あ、良いな」と思いました。
腫瘍の大きさ的に内視鏡の手術が、治療ガイドライン上で一番推奨されている治療法ではないということでした。
ですが、「まず内視鏡で取ってみて、取りきれない、もしくは切除したがんのステージが上であったときに、初めて胃の3分の2を摘出する方法もありますよ。」とアドバイスをいただきました。
その説明にうちの父はものすごく安心しまして、「そうか。それで一旦やってみよう」となりました。

今回の治療を通じ医療に対して感じた事を教えてください

“先生の言うことを聞いて、それを全て鵜呑みにするという時代ではもうないんだな”と、すごく感じました。
セカンドオピニオンなども堂々とやらないといけないということは、ものすごく感じましたね。

経営者の方にM3PSPについてお伝えしたいことはありますか

今回このサービスを会社で採用して、実際に自分自身が使う状況になって一番感じたのが、“家族が病気になるとものすごく不安になる”ということでした。
病気で悩んでいる両親のことでM3PSPを利用しましたが、両親が喜んでくれて、本当に自分自身も嬉しくなりました。
社員の方の不安を少しでも減らしていくことは、経営者にとってとても重要な仕事だと思っております。
是非、このサービスを採用していただいて、社員の方の不安を少しでも払拭していただきたい。
その社員の方をいつも応援しているご家族の為にも、M3PSPを採用されると良いのではないかと思います。

contact

お気軽に
お問い合わせください